プロになって活躍する!無料ITスクール

アビリティ株式会社

法人の方のお問い合わせ

東京校 説明会/相談会

大阪校 説明会/相談会

座談会 vol.2

座談会 vol.2

ITスクールの講師 高芝さんと柴田さん、賀治さんに座談会形式でインタビューを行いました。


柴田さん

講師 高芝さん

賀治さん

スクールで勉強したことでやってよかったなぁと思ったことは?

  • 高芝スクールで勉強したことでやってよかったなあと思ったことはある?
  • 柴田僕のときは最後Linux構築触らせてもらってましたけれど、その経験は生かされたとは思います。あらかじめ手順が決まっていてその手順に対してコマンドがどういう意味を持つのかっていう理解はここで得られたと感じます。
    スクールで勉強してなかったら、1からネットや本で調べないといけなかったのでそのワンクッションがある程度省けたところは良かったですね。
  • 高芝柴田くんの場合って、コンピューターの専門学校行ってたんだよね。
    ある程度コンピューターで仕事をしようというのが最初からあったと思うんだけど、次のステップとして資格取得もしていかないとね。 賀治さんはこの前にLPICを取ったね。
  • 柴田おめでとうございます。
  • 賀冶ありがとうございます。
  • 高芝賀治さんの場合は今のお客様の、社内ヘルプデスクをやってもらってるんだけどお客様から(担当を)変えないでほしいって言われるぐらい信頼を得てるよね。
    次のステップアップだと何かやりたいはあるのかな、賀治さん。今ヘルプデスクで、サーバーの管理まで手を伸ばしつつあって、PCのセッティングとかは普通にできる業務じゃないの?
  • 賀冶まだ怪しい部分も若干ありますね。Ghostとかツール使っての展開をしたことがないので、そういう展開作業ってには若干興味はありますが、できるかって言われたら怪しいですね。
  • 高芝その場合はマスタ構築しないといけないからね。賀治さんは卒業してからもう随分たってしまっているけど、スクールに来てなかったらどうなってたんだろうね。
  • 賀冶もうIT企業を諦めて、事務員とか、もしくは完全にどこか海外に留学しに行くとか考えてましたね、当時は。
  • 高芝うちのスクールは結構受け皿広くて、いろんな人を受け入れてきてるんだよね。ただITの仕事をしてもらいたいっていう大前提があるで、スクールの中身もどんどん年を追うごとに変わっていってるんだよ。今のスクールに関しては、まずは3カ月でITパスポートを全員取得してもらうと思っていて。で、その後基本情報とか応用情報とかステップアップしていってもらいたいんだよ。
    なんでITパスポートなのかって言うと、それって別にIT企業だけの人間が持ってる資格ではなくて、IT社会になってる中でコンピューターを使わない仕事なんてもうなくて。で、その中でコンピューターを使う上で最低限知っておかないといけない知識を勉強するための資格だからさ。国家施策としてもITパスポートは幅広く取っていきましょうと言っていて、ITの仕事に就かなくても、ITパスポートを持ってるということで、この情報化社会の中で通用していける人材になるわけだ。
  • 柴田はい。たしかにそうですね。
  • 高芝IT業界にいたら今後ステップアップをするために、その次の資格も取っていかないといけないよね。自分はこういう資格をちゃんと持ってます、こういう知識がありますっていうのを、ほかの第三者にアピールできる資格をみんなに持ってもらいたい。そうすると、こんな資格ありますって言うだけで、こんだけできるんだねって理解してもらえる。みんなもすごく楽だと思うんだよね。
  • 柴田はい。がんばります。

スクールでこんなことができたらよかったと思うこと

  • 高芝あと別の質問なんだけど、スクールでこんなことができたらよかったなあとかってあったかな?
  • 柴田僕の場合は、入ったタイミングだったんですけど、あんまりビジネスマナーについては学べなかったかなあっていうのはありましたね。
  • 高芝ビジネスマナーね。柴田くんのときだけビジネスマナーやってなかったんだよね。
  • 柴田そうみたいですね。
  • 高芝ビジネスマナーは繰り返しやるようにしないといけないと思っていて、そこはちょっとまた強化していきたいなと思います。

エールを一言お願いします。

  • 高芝最後に、今後スクールに入りたいなとか、ITの勉強したいなっていう人、でも勉強するにはどうしたらいいのか分からないっていう人に、エールみたいのがあったら一言ずつ聞かせてもらえるかな。
  • 柴田スクールで学ぶことは大切ですが、これだけ勉強したから大丈夫だろうみたいな考え方はむしろ捨ててほしいかなと思いますね。現場では知識としては持ってても、考え方は変えないといけないので、いつもゼロからっていう形で行くくらいがいいのかなって思います。
  • 高芝そうだね。そういうところをちゃんと切り替えられるような感じっていうのも必要だと思う。賀治さんも一言あったら。
  • 賀冶私の場合はスクールに通いながら現場に行ってた経験が意外と活用されておりまして、いろいろ行く先々でトラブルが起きて、先輩方がどう対処してるのかっていうところを見れたので、そういった経験が今行ってる現場で活用できてます。そういった意味では普通の所だったらまず現場に行って体験するっていうのができないと思うので、現場に近いITスクールを選んでもらいたいと思います。
  • 高芝なるほど。たしかにそうだね。  今日は座談会に参加ありがとう。ではこれからも皆さん頑張ってください。