プロになって活躍する!無料ITスクール

アビリティ株式会社

法人の方のお問い合わせ

東京校 説明会/相談会

大阪校 説明会/相談会

座談会 vol.1

座談会 vol.1

ITスクールの講師 高芝さんと卒業生の段野さん、青柳さんに座談会形式でインタビューを行いました。


最近の卒業生 段野さん

講師 高芝さん

ちょっと前の卒業生 青柳さん

アビリティのITスクールって聞いてどう思った?

  • 段野会社が運営しているからガッチガチの厳しいスクールかと思っていました。大丈夫かな、やっていけるかなという気持ちでしたが、いざ実際入ってみると意外と楽しくて。
  • 青柳アビリティのスクールよりも、IT業界がどんな仕事をするのか分かっていないところに不安がありました。
  • 段野授業で現場に出る事ができるじゃないですか。それで仕事の内容が分かるのは凄くいい点だと思いましたよ。
  • 青柳悩んでも仕方ないという気持ちでスクールに参加してみて、思っていたよりも違っていることが現場には沢山ありました。見えていないことが多かったと思います。
  • 高芝学校で習うこととは違って、実際の業務の中からIT業界を理解できるやり方だからね。

このスクールに入ってみて役立ったところは?

  • 段野ビジネスマナーから教えてくれるところでしょうか。基礎的なIT知識はどこに行っても違いがないけど、こういう(マナーの)事はなかなか教えてもらえないので本当に役立ってます。
  • 青柳基礎的な事からサーバー構築までやったところでしょうか。スクール内Webシステムを作ってしまおうという話もありましたよね。
  • 段野スクールのWebシステムを作ろうとしたんですか?
  • 高芝自主的にサーバ構築してもらってやろうと思ったけど3ヶ月とか半年スパンではさすがに収まりきらなかったんだっけ。
  • 青柳そうです。作ったあとの継続や運営も問題で。
  • 段野その引き継ぎは大変ですよね。
  • 高芝だから、今のスクールで3ヶ月スパンで授業を進めるようになったんだ。
  • 青柳サーバの話のように、このスクールは教えてもらって身につけるよりも自分で学習して得るものが大きいよね。
  • 段野正直なところ私も大学4年間ずっとコンピューターとかネットワークのことを勉強してたじゃないですか。でもむしろこのスクールで学んだ時のほうが頭に入ってきましたね。4年分が6ヶ月間で。
  • 青柳一緒に悩んで考えてみることの方が勉強にもなるし得るものも大きかったってことだね。
  • 高芝学んでよかったって思えるのが一番だし、そこからどうやって就職に繋げるかというところがこのスクールの役割だと思ってる。自分で学ぼうとしてチャンスを掴んでいかないとね。

なにも強制されないITエンジニア養成スクールについて

  • 段野ここに来たのは自分の意思ですし、遅刻したらいけないとも言われた記憶がないんです。
  • 高芝みんなの自主性に任せているのがこのスクールなんだけど、でもスクールに来ないといけないという認識をみんな持っているから遅れずに来るんだよね。
  • 青柳やらされると思ってスクールに来るのでは無くて、自分から進んでやろうという考え方や姿勢が大事ってことですよね。
  • 高芝そう。だからみんな続いているんだ。

どんな人が向いている?

  • 青柳パソコンを使ったインターネット閲覧に抵抗がないとか、エクセルでも文章作成するのでも苦じゃない人ならここに来ても問題ない。
  • 段野就職活動で数打ちゃ当たると思っている人には、それが全く意味のないものだっていうのが分かっていいと思う。
  • 高芝そうだね。しっかり企業選択が出来ていて企業情報を調べたりしないといけないからね。そういう考え方から学べるところ。
  • 段野あと、ここでは実際に現場を歩んでいく中でこうしたいっていう発見になるから、自分のしたいことがまだ見えていない人も向いていると思います。
  • 青柳そうそう。現場に入ると、あ、こういう事だったのかと色々見えてきましたね。経験がまったく無かった状態からいきなり仕事を始めるのは難しいから、スクールで機会を作りたい人に向いている。
  • 高芝それで業務をしてみて、その中からこのIT業界でやっていこうと思ったんだね。